カメラの撮って出しJPEG画像が見れるようになった

 気付いた人は少ないと思うが、一つ、二つ前のビルドから、ファイルブラウザの右パネルの縦タブに“検査”(inspect)なるタブが加わっている。その頃、ユーザーインターフェイスのコード表に新しいラインが追加されたので、新しい機能が追加されたことは分っていた。しかし、“inspect”という単語だったので、不具合があった時にでも使う物かと思って、単に“検査”と訳してしまったが、先日何の機能だか知って、この訳では全然ピンと来ないと思った。
画像

 この機能はカメラの撮って出しJPEG画像をファイルブラウザで確認する機能である。“見る”というだけであるが、これまでRawTherapee利用者の中から、「何でカメラの撮って出し画像が見れないのか?」という質問(ある意味不満?)は結構多かった。もちろん、raw+JPEGモードで撮影している人には関係ない(でも、それだとディスクスペースの無駄遣いになる)。正確に言えば、見れないことはなかったのだが、ちっこいサムネイルサイズだけでしか見れなかった。また、RawTherapeeで撮った画像を編集画面で開いて見ると、カメラのディスプレイでチェックした時の画像や、他のソフトで開いた時の画像と比べ、印象が違うという指摘も多い。これは理屈を知れば当然なのだが、質問する人は結構いる。この辺りの理由は、RawPedia(マニュアル)の中の画像編集タブのプレビューパネルの項でに詳しく書かれているが、簡単に言えば「raw現像ソフトを使って好みの画像を作るのが目的なのに、何でカメラが作った画像をみなきゃいけないの?」といったところだろうか(小生は彼らの説明で十分納得したが)。でも、ユーザーからは「理由は分った。でも自分の編集・現像した画像が、果たしてカメラより優れているかどうかチェックさせてくれ」と食い下がられたので、この機能が追加されたのではないか(考え過ぎ?)。

 ということで、“検査”という名称では、要望を出した人と機能を追加した人にしか、その意味が分らないような気がするので、次の機会に変更しようと思う。(直訳じゃ無理でしょ)。

使い方
 ファイルブラウザで、上の参考図で赤く囲ったタブを開くと、そこが空スペースに変わる。カーソルを左に表示されているサムネイルに持っていくと、そのrawファイルに埋め込まれているカメラの撮って出しJPEG画像(そのカメラが撮れる最大解像度のもの)が表示される。※補足:下段に書きます。
 備考:そのサムネイルが編集/現像を既に行った画像のサムネイルであっても、表示されるのは撮って出しのJPEG画像である。
画像

因みに、自分が編集/現像した画像がコレ(リサイズ)。カメラに勝ったと思っている(撮り方が下手くそだからだろう、とは言わんでくれ!)
画像


補足:最近は、rawで撮影した画像の形式(自分の場合はPEF)を直ぐにDNG形式に変換していたので気付かなかったが、たまたまPEF形式ファイルのままでファイルブラウザから、カメラの撮って出しJPEG画像を見たら、かなり大きい。こちらがカメラの最大解像度のJPEG画像のようだ。何故、PEFとDNGでは表示サイズが違うのか理由は分らない。DNG変換を行うと、埋め込まれているJPEG画像が圧縮されるのか?で、あればDNG変換によって、メーカー形式の画像ファイルサイズが小さくなるのは納得できる(rawデータはそのままだろうけど、JPEGデータは小さくなるから)。まあ、自分がチェックするとしてもパッと見の違いだけなので、大きさはDNG形式の方で十分だけど。。。細部を見比べたい人は、納得の写真に仕上げるまで、メーカー形式のファイルは消去しない方がいいかも。

"カメラの撮って出しJPEG画像が見れるようになった" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント