RawTherapee 訂正 アンシャープマスクのしきい値

 去年の11月、アンシャープマスク(USM)機能の「しきい値」に関する自分の解釈を書いたが、かなり違ってたようだ。素人が確証もないまま書いた事とは言え、あの説明を鵜呑みにした人がいたら、申し訳ないことである。ゴメンナサイ。説明を改めますが、これもまた個人の解釈であることをお忘れなく(但し、前回より筋が通っていると思うが)。まず、あの独特な形の「しきい値」カーブ、マニュアルには書いていないがRawTherapeeはこれを「ピラミッド型カーブ」と名付けているようだ、の略式図を示す。
画像

 縦軸は不透明度で、「見える」「見えない」はシャープ化の効果のことである(どこまでが見えて、どこからが見えないのかはアルゴリズムで決まっているようだ)。シャープ化しようと思っているのに、何で見えなくする必要があるのか?縦軸は、画像の色相、或いはトーン(その両方かも?)の変化の状態を概念的に示したもので、下に行くほど色相やトーンの変化が激しい画像部分ということのようだ。その様な部分では、USMの副産物として、強さの設定にもよると思うが、ノイズやハロようなアーティファクトが発生しやすいらしい。だから、USMの効果は全体に及ぶけど、アーティファクトが出そうな色相変化の大きい部分では見えなくしますということなのだろう。もちろん、ノイズにしても、ハロにしても、それらを軽減させるための別な機能をRawTherapeeは持っているが、調整を行わないで済ませられれば、それに越したことはないと思われる。調整を加えるほど、元写真の自然な部分のどこかが犠牲になる。例えば、ノイズ低減;度が過ぎれば、ノイズは除去できるが詳細が失われる。

 横軸は明るさの範囲である。従って、RawTherapeeのしきい値カーブはUSMをどの明るさの範囲で適用するか決めるようになっている。左の△がシャドウ部分からの適用開始点、右の△が適用の終了点である。では、何故上下△の位置に差があるのか?これは縦軸が関係しているからだろう。マニュアルの言うように、初期設定(デフォルト)で、殆どの画像に対し無難で適切なしきい値と言うことを前提にすれば、色相やトーンの変化が最小限であれば、効果が見えるようにするのがいいのだが、それでも完全に見えていいのは、画像のその部分の明るさがせいぜい中間より少し上の所まで。そこから先は、明るさの増加と、色相変化の増加に合わせて、USMの効果の見え方が徐々に減ってゆく。左のシャドウ部分の△の位置があまり変わらないのは、シャドウ部分では、ハイライト部分のような、明るさに合わせた細かい段階を踏んでも、違いが分からないからだろうと思う。無論、ユーザー自身が好みのしきい値を設定することも出来る(小生の程度の知れた画像では、そこまで気を配る必要はないので、殆ど場合、デフォルトのまま)。

 しきい値のカーブにカーソルを持って来ると、参考画面のように別ウィンドウが現れ、△の座標が示される。開始点と終了点を移動するには、単にカーソルを△の部分に当てて左右に動かせばよい。上の△だけを動かすには、Shiftキーを押しながら、△をドラッグする。理屈から考えれば自然に思われるが、左上の△は左下の△より左には移動しない(右の△の関係はその逆)。
画像


 こうして、余計な副産物の発生を避けながら、画像全体のシャープ感を高めようとしているのではないだろうか。マニュアルにも書いてあるが、多くのソフトのUSMはハロが発生しやすいらしい。

"RawTherapee 訂正 アンシャープマスクのしきい値" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント