RawTherapee:また新たな機能?Hald CLUT(フィルムシミュレーション)

記事を掲載してから、削除線や、追加・補足説明を入れたりしていたら、何だか読みづらくなってしまったので、書き直します。内容はあまり変わっていませんので、訂正ではありません。

バージョン4.1.49(現在、4.1.74)から、RawTherapeeはHald CLUTと呼ぶファイルが扱えるようになった。これは編集画像の色調を市販されているフィルムの色調に変えるためのPNGファイルである。自分も昔、フィルムで写真を撮っていたことはあるが、フィルムのメーカーや種類に拘ったことはなく、適当にTVや雑誌で宣伝されていたフィルムを買っていただけだ。でも、写真撮影の上級者はきっと、目標とするテーマがこれだったらコダックの何々、今度の風景はフジの何々がいいなんて考えて、フィルムを選ぶのだろう。だから、この機能によるフィルム調の再現力が高ければ、そういう上級者には重宝なのではないだろうか。自分の場合は、フォルダーの中から適当に良さ気なフィルムのファイルを選んで自分の画像に適用したら、映りが格段に良くなった画像もあるので満足できる反面、自分の調整の未熟さを実感して、がっかりもした。

CLUT(カラールックアップテーブル)は色の索引表のようなもので、この番号の色は赤18%、緑77%、青10%で構成される色という具合になっている。通常はマニュアルの「RGB対Lab」にあるスクリーンショットのRGBキューブのように3次元らしいが、これを特定の配列で2次元のPNGファイルに変換したのが、Hald CLUTである。今回、RawTherapeeの一部の貢献者の方々が、色々なフィルム(コダックやフジ、ポラロイドなどの色々な種類、ネガや白黒もある、250パターンくらいある)のファイルを作り、“RawTherapeeフィルムシミュレーション集”として提供してくれたようだ。 自分オリジナルのHald CLUTファイルを作成することも出来る(マニュアルのカラータブの中にある、“フィルムシミュレーション”で説明されている)。Hald CLUTのベースファイルを使って、貢献者の方が各フィルム用のファイルに調整しているのだから、ファイルの質の善し悪しはその人の腕次第ということになると思うが、ブログを見る限り専門家の方のようなので、信頼できると思う(少なくとも小生のようなド素人が意見するところではない)。

Hald CLUTファイルの利用の仕方は既にマニュアルで訳してあるが、取り敢えず書いておく。

1. バージョン4.1.49以降を初めてダウンロードする人は、プログラムだけでなく、RawPedia(マニュアル)に貼ってあるあるリンクから“RawTherapeeフィルムシミュレーション集”をダウンロードする(359Mある)。既にこのHald CLUTを使っている人は、最新のプログラムをダウンロードする度に、このでかいシミュレーション集をダウンロードする必要はない。前のバージョンをアンインストールしても、前のプログラムフォルダーの中にHald CLUTフォルダーだけは残るので、それを使える(親切だね)。

2. Hald CLUTフォルダーをプログラムフォルダーの中のprofilesフォルダーの中に貼り付ける。

3. プログラムを起動して、環境設定パネルを開き、2番目のタブ「画像処理」を開く。下の方に“フィルムシミュレーション”という項目があるので、ここでHald CLUTフォルダーを指定して、一旦プログラムを閉じる。

4. プログラムを再起動し、カラータブの同機能パネルを有効にして、ドロップボックスから自分が使いたいフィルムのファイルを選ぶ。どれだけそのフィルムの色調を自分の画像に適用するかはスライダーで調整(デフォルトは100%になっている)。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

961832p
2014年08月18日 16:31
バージョン4.1.49は、ごくわずかな変更だったんですね。

自分もフォーラムにあるバージョン試しました。いまだに実際のフィルムで撮ったことの無い自分ですが(汗)、フィルムシミュレーションなんだか使えそうですね。パネルの名前がソースコードからそのまま引っぱってきたような感じに見えるので、まだテスト版みたいなものなのでしょうか。

対応した本体もそうですが、こんなにたくさんのLUT画像を用意するのも大変だったでしょうね(笑)。本当ありがたいです。Feded~とかの付属プリセットと違って、ほかの項目のパラメータを変えないところが自分は好きです。

PLAY RAW 42。いつも見ているだけですが、今回も勉強になりました。得票数が一番多い人の写真は、RawTherapeeでもこういう表現ができるんだな~と素直に思ったでしょうか。わけの分からなさ、が凄い感じられた次点の人の写真も自分は好きですね。第43回も楽しみです。
星垂婁
2014年08月19日 13:09
961832Pさん、こんにちは。
>テスト版みたいな。。。
私も多分そうだと思います。まさしくGUIをアップデートする時に使っているソースコードです。
>Hald CLUT
自分も使ってみました。フジの一つを適用したら、自分の調整がまだまだなのを知り、ガックリ。これなら、明るさとコントラスト、USMを整えて、後は好みのHald CLUTを適用するだけで、綺麗な写真が出来そう?です。

この記事へのトラックバック