第42回 PLAY RAW 始まる

RawTherapeeフォーラム恒例のPlay Raw(参加者の一人から提供されるraw画像を編集して、その現像の出来栄えを競う遊び)の素材が本日ブログにアップされた。優勝者が次回コンペの素材を提供する権利を持つ、というルールなので、今回の素材提供は前回優勝のRawTherapee管理者の一人からのものである。でも。。。

むむっ、この素材、何を、どう編集・調整したらいいんだろう?と言うのが第一印象。このコンペの趣旨は、‘独創的な編集・現像’を競うことなのだが、素材提供者の撮影意図がよく分らない。前回のように風景写真であれば、撮影者の意図は‘美しい風景’であることが明白なので、後は自分がその中で何を強調したいのかによって独創的に調整を加えるということでよかった(例、朝日を反射している小屋の壁 ‐ ブログの表紙を下にスクロールすれば素材の画像があります)。でも、この素材に関しては、それが分らない。

ある植物の花の房(20個ほどの小さい花)の一つをマクロ的に撮影したもので、本来、花は下向きに咲いてるようだ。わざわざその一つを上向きに広げて撮影している。珍しい形だから?そうでもないと思うが。まるで植物図鑑に載せるような意図の撮影である(構図も単純な日の丸だし)。そうなのかな?それとも、簡単に調整目標が決まっては面白くないので、わざと意図の無い素材を提供し、参加者がどんな編集画像を作るか楽しもうと思っている?

何れにせよ、こんなこと考えるのは小生だけだったりして。。。兎に角、一票を目標に頑張るゾ!(まだ、2回目の参加なのに)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

961832p
2014年07月07日 15:58
PLAY RAW 42のお題、自分も見ました。たしかに不思議な被写体(笑)。背景の色や模様も、なんというかSFっぽくて不思議さ倍増という感じでしょうか。

どんなふうに皆さんRAW現像してくるのか気になりました。これは面白くなりそうですね。
星垂婁
2014年07月08日 18:47
961832pさん
こんにちは。何時のまにか、花の正体は「ホヤカルノーサ」と書かれています(半円球状に花が集まって咲いている姿の方が断然美しいのに)。

ほんと、みんなどんな風に編集・調整するんでしょうね。極端なトリミングや色相カーブやジオメトリを弄れば、素材とはかけ離れた画像にすることは出来るでしょうが、自分はあまりそういう弄り方は好みではないので、どうしたものか。。。

この記事へのトラックバック