カーブを使ったカラー調整

先日は、カラーカーブによる画像全体の彩度(色度)調整のことを書いたが、今回も同じくRawTherapeeから知った、特定範囲の色の調整とそのためのカーブの作り方である。もちろんこの方法がベストという訳ではなく、色々やり方があると思う。でも、紹介されている様にカーブを作ったことがなかったので、‘なるほどね’と感心してしまった(自分だけ?)。まあ、それ位で感心してしまう程、自分のカーブ作りが適当だったという事()。

コントラスト調整なら、明暗のニュアンスだけなので、適当にカーブを弄っても自分の好みに合わせるのは然程難しくないが、これが彩度(色度)や特定色のことになると、少しの移動で画像の印象がかなり変わるので、調整ポイントを動かしているうちに何をしているのか分らなくなり、初めからやり直しというパターンが少なくない。特に、a/bカーブの場合、中心付近は色の変わり目なので、敏感である。でも、こんなシンプルな工夫で、調整が易しくなる。

例に使った元画像は、この前と同じ。
画像
                  
ここで、もう少し空の青を強くしたいなら(違いを示すだけなので、色の好みは無視する)。カーブのセンターに二つの調整ポイントを作って、左下のカーブを少し下げるだけ!(青側のカーブは下に下がれば青のピクセルが増えるため)
画像
  
画像
         
センターに調整ポイントを二つ作ることで、青の部分のカーブを動かしても、黄色部分のカーブが動かないところがミソである。もし、センターに二つの調整ポイントがなくて、画像に黄色い花が写っていたとしたら、青側で動かした調整ポイントは黄色側のカーブにも影響し、花の黄色がきっと薄くなってしまうだろう(黄色部分のカーブは下に下がると、青の場合とは逆に、黄色のピクセルが減るので)。

この例では、単に青を平均的に増やしただけだが、青側だけでS字を作って、他の色に影響を与えず、青の感じだけを変えることも出来よう。でも、この調整方法はあくまで、青系、黄系、緑系、マゼンタ・赤系という範囲で調整するので、画像からも分るように、空の青は強くなったが、同時にポピーの青も鮮やかさが増している。もう少し、狭い範囲で色を調整する場合は、ピペットを使った、CHやHHカーブの調整がベターだと思う。それは次回に。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック