やっぱりね。。。でも今はこのまま

 この前、RawTherapeeのマニュアルを読んだ時に、「最近のプリンターは色空間が広くなっているので、出力プロファイルも広めの設定を使うのがいい」となっていた。偶然、古いのが壊れて新しいのを買ってあり、説明書にはAdobeRGBをカバーしている。ということで、少し疑問もあったが、プリントの出来が良くなるのかなと期待した。しかし、RawTherapeeのマニュアルに一文が追加されていて、「広い色空間を使うなら、モニターもそれをカバーするべきである。さもないと暗中模索になりかねない」となっているではないか。

 やっぱりね。そうだと思った。いくらプリンターが色域の広いAdobeRGBを表現できても、その元となる画像を調整するモニターが、それを表現できないなら、何を、どう調整していいのか分かるはずがない。正に暗中模索だ。前のプリンターが壊れる前から、そうは思っていたのだが、マニュアルの一部分だけ見て変な期待感を抱いてしまった。馬鹿だね。

 だからと言って、広い色空間をカバーする高価な外部モニターを買うのは非常に躊躇する。まあ、今はこのままでいいでしょう。sRGBでしか調整出来なくとも、今のプリンターはインクの進化で発色が良くなっているので、古いプリンターで印刷したプリントより綺麗だからね。

 先日、小用で渋谷に出たので、代々木国立競技場に寄って、体育館の写真を数枚撮った。曇天だったこともあり、灰色が主体の建築物の画像は殆ど色調整の意味がないと感じた。そこで、バージョンアップで加わった「白黒変換機能」で、モノクロ写真にしてみた。でも本来、この機能は、カラフルな画像に使うんだろうね。出なければ、豊富な彩度調整やガンマ補正、チャンネルミキサー機能を装備している意味がない。画像は基本的な調整(露光補正、コントラスト、シャープ化など)に白黒変換で何となく赤と緑のガンマを変えてみたもの。

画像
 
画像


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック